星と月の夜

目覚めたら、ただそこに「居た」という感触。

忘れ去られる夢は言葉を持たない。文字ではない文字で紡がれた物語はほどけてゆく。そして白い欠片となり、だれも聴くことの無い雨音のように、人知れずどこか深い森の中に消えて行く。

白い床の上に眠る夢をみる。どこまでが自分の身体か、境界が曖昧になってゆく。怖くはない。その夢は、あなたの記憶が連れてきたものだから。夢も、あなたのことを覚えている。

そして、なんど目かの朝を迎える。

 物語はほどけてゆく。人知れず、どこか深い森の中に。怖くはない。

月と星の光が優しく降っている。

2014年6月1日  岡山 知憲


search this site